上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S&T TAVOR-21 シリンダーヘッド

中華の特殊なメカボックスには替えがないから困る。
あまりカリカリにいじって壊したら泣いても喚いても直らないと思ったほうが良いみたい。
で、よくありがちなのがメカボックスの先端がポッキリ逝ってしまうヤツ。
せめてメカボックスは守りたい。

IMG_1599.jpg

ということで得意のシリンダーヘッドにソルボセイン。

3mm厚のハードタイプのソルボセインを貼り付けて、その上から100均で買った両面テープ付きのフエルトを薄く削いで貼り付ける。
これは前吸引式のピストンヘッドを使うときに、柔らかいソルボセインを吸い込んでボロボロにしないための保護策ってところかな。
今回は消音対策っていうよりメカボックスの保護が目的だから長持ちするようにしたいしね。
ソルボセインは衝撃を横に逃すようになってるから、実際のサイズよりちょっと小さめにするのがコツ。
但し、小さすぎるとピストンヘッドが当たった時によじれてしまい、寿命が縮んでしまうのかも知れない。(細やかな経験談)

ちなみにこの手のシリンダーヘッド加工をする場合は、絶対にピストンのラックギヤ部分の後ろから2枚目を削り落としておくことをオススメする。

IMG_1723.jpg

ついでにベベルギアのベアリングをボールベアリングに変更(写真撮り忘れ)し、FETも取り付けた。
マイクロスイッチに大電流を流すなんて無茶だもんなぁ。

あまり意味がないかもしれないけど、毎回配線を引っ張りだすのが面倒くさいからここの部分にディーンズコネクターをつけてみた・・・・ら、インジェクションポートが開放側で固定されなくなっちゃった;;
そう、ここギリギリまでくるみたい。
後で気が向いたらもうちょっと上のほうに付け直そうと思う。

プロフィール

RYOZ

Author:RYOZ
物創りは好きですが難しい知識はありません。でもそれなりに幸せです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめリスト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
27962位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6595位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。