上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動ガン組み立て注意点及びコツ覚書 

これは自分用の覚え書きです。
適当に追加していきます。

メカボックス
注意点
・ピストン動作テストをするときはネジをしっかりと締める。
 (メカボックス前方を破壊する恐れあり)
・ノズルがちゃんとタペットプレートに挟まってるか確認する。
 (組立後に押しただけではわかりにくい)
・モリブデングリスはプラスチックに当たる部分に使ってはダメ。
 (プラスチックが割れる)
・中華ギヤは上下を面取りしたほうがいい。

コツ
・組み付け時に逆転防止ラッチが取れてしまう場合、メカボックスの裏から磁石を貼り付けておくと良い。
・シムはグリスで貼り付けておく。




S&T TAVOR 21 トリガー引きしろ調整

中華タボールの集弾性がかなり良いもんだから、こりゃガチでいじりたくなってきた。
で、気になったのがトリガーの引きしろ。
引き始めから弾が射出されるまで約20mmもある。
ゲームでじわじわとチャンスを狙ってるとこれがかなり遠く感じるんだよなぁ。

ということで引きしろを短く調整しようと思う。
まずこのS&Tタボールは、トリガーからリンケージを介してメカボックスのスイッチアームを引く仕組み。
トリガー部分のイモネジである程度調整できるかなと思ったけど、あまりできないっぽい。
そこでメカボ内をちょいといじってみる。

スイッチユニットの後ろにあるパーツの先に、赤で記したようなプレートを接着してかさ増ししてやる方法にした。

LINKA.jpg

気をつけなきゃいけないのは先端の平にした部分。
これが図で言うと上に出っ張ってしまうとセミオートのカットオフが機能しなくなる。
右の方に厚みをとりつつ上はそのままみたいな削りこみがベストだろう。

で、加工したパーツはこんな感じ。
IMG_1564.jpg

1mm厚のアルミ板を切り出して瞬間接着剤で貼り付けて削っただけ。

IMG_1565.jpg

調整はセクターギヤを外しておいて、そのパーツにプレートを上下逆さまに付けておいてテンションをかけつつカットオフカムを動かしてみる。
もちろんスイッチ部分のバネをつけてからね。
パチンとアームが押してる部分が後ろに外れれば成功。
IMG_1566.jpg

さてどんなもんか。

大成功!!
引きしろ約13mmになった。
これはオススメだな。
これでFETでも入れればかなり小気味いいフィールになりそう!

S&T TAVOR-21エジェクションポートまわり加工

先日購入したS&T TAVOR-21だが、なんともちゃちい;;
どのあたりがその安っぽさを醸し出してるのかというと細かいパーツのディテールだったりする。
片っ端からいじってみようと思い、まずはエジェクションポート後ろのパーツから。

ejectionport.jpg


これ本当はなんて名前なのかな?
たぶん薬莢を横に排出するためのガイドみたいなものだと思うんだけど、実銃の画像を確認するとまったく違うとは言わないけど大きすぎるしディテールも違う。

IMG_1559.jpg


とりあえずジュラコンから削りだしてそれっぽいのを作ってみた。
まぁ満足かな。

S&T TAVOR-21購入

Tavor21.jpg


なんかずっとM4系をいじっていた反動からか、中華のダメダメな銃をいじってみたくなったから
S&T社のタボール21を買ってみた。
13000円という安い値段相応に安っぽい外観ではあるが、そのほうがいじる楽しみも増えるってもの。
銃が届いたから早速撃ってみようと思ったのだが、うちにあるバッテリーはすべてT端子にしてあるのでいきなり分解することにした。

ハンダ付けで端子を取り付けさて試射・・・とはいかず、ついでだからメカボでも見てみようと分解を進め、くさーーーーいグリスまみれになりながらメカボをバラしてみた。

今の中華ってこんなに立派なんだなぁと、感心しながら手持ちのギヤにシム合わせをして組み替えてメカボを閉じて
メカボの動きを確認。
とりあえずノズルを押してタペットOK。楽々なメインスプリングの穴からピストンの動きも確認。
さて動かしてみようかとバッテリーをつないでトリガーリンクをいじると・・・


う・・・動くぞ!!
スムーズに動く!!
まぁスフリングを入れてないからシャーーーーーっとギヤの音が静かに流れ・・・・ん?
ノズル動いてない?

恐る恐るメカボを開けてみると、タペットプレートがポッキリ;;
まだ一発も撃ってないじゃん!

でも安心。
こいつはマルイ純正のVer.3のタペットプレートが無加工で使える。
これは中華銃で一番困る部品だからすごく助かる。

タペットプレートを注文したんだけど待ちきれなくてクルツを分解してタペットプレートだけ拝借。
今度は快調ですわ。
やっぱマルイ純正に限るなぁ。
強化なんちゃらは粘りがなくていかん。

ホップアップシステムについて

最近、前にハマってた電動ガンへの熱が再燃。
あれから10年以上が経ち規制だの次世代だの色々と状況が変わってる。

で、考え方も色々と変えなくちゃいけない状況でホップアップシステムについて考えなおしてみた。
今のホップアップシステムはアッパーレシーバーの中、ノズル先端あたりに仕込まれている。
だがそれだとバレル内であちらこちらに当たって精度が落ちてしまうのではないかと考えた。

そこで、ホップをインナーバレル先端でかけるというのはどうか。
野球の変化球だってリリース直前でかけている。

ってことで、試作開始!

写真は後ほど
プロフィール

RYOZ

Author:RYOZ
物創りは好きですが難しい知識はありません。でもそれなりに幸せです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめリスト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
32533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7868位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。