上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2攪拌加圧その2

実際に製作してみたのですが、加圧チャンバーをつけるとチャンバー内にCO2がたまった状態になり、ポンプ自体の性能からダラダラと逆流してしまう状態になりました。
排出バルブのバネレートを下げれば良いと思うのですが、あまり下げすぎても意味がないということでチャンバー自体を取り払いました。(とりあえず加圧は無視ということで;;)


CO2圧縮ポンプ2


すると、攪拌されたCO2が細かい霧のような泡になって水槽内を漂い始めました。
現在は、空気とCO2を流しています。
ポンプ側から空気、CO2と配管します。これは、CO2の量を確かめるためにそうしました。

水草にも大量に気泡がついて非常に良いのですが、ちょっと音が大きいかな・・・。
夏場の熱対策と静音させる方法があればストーンより効果的な気がします。



CO2攪拌加圧

二酸化炭素を供給していると、ほとんどが水面に開放されてしまう気がしたので
ちょっとアイデアをしぼってみました。
なるべく水に溶かすためには「攪拌」と「加圧」ですかね。

水中ポンプのインペラで攪拌。
加圧チャンバーで加圧。

適度な圧力で排出。
バネレートはネジにて調整という感じでできるかな?

CO2圧縮ポンプ


自作?リシアネット

自作というか、100均のステンレスのざるを2枚重ねただけです。
そのままだと公園の山みたいになっちゃうので、重ねた状態で手で適当に潰して形をつくります。
いったんそれを分割して、その間にリシアを並べて元に戻します。
形によっては自然に分割されてしまうかもしれないので、タイラップか針金で固定すると良いでしょう。
ステンレスで重みもあるのでそのまま沈められます。
写真ではわかりやすくするためにフチを見せていますが、ぐりぐりと回転させ押し込むとフチが砂利に隠れてくれます。

EC120004.jpg


設置後4日目くらいです。
編み目からリシアが顔を出し始めました。

ちなみにフチの部分を切り取るのも考えましたが、細い針金が露出するのも嫌だし100均ごときのネットだとバラバラになりかねないのでそのまま使いました。

負圧型BB弾加速装置

まだホップアップが主流ではなかった時代に発案したものを載せておく。
メモだしね。

BB弾加速装置


ピストンの後ろ側の負圧を利用して、インナーバレル内の空気を吸い出しBB弾を加速させるもの。
2つの逆流防止弁を使い、ピストン後退時にインナーバレルに戻ろうとする空気を、メカボックスまたはパイプから抜くようにする。

水中のホコリ取り

底砂利を交換した際に細かいホコリのようなもので水が白濁してしまいました。
底面フィルターはまわっているんですけど、2日間まわしてもいまいちキレイになりません。
で、ものは試しでジェックスのイーロカの先っぽにコーヒーフィルターを付けてみました。

手っ取り早く試したかったので先っぽに輪ゴムで巻き付けるだけです。
流量を少なめにしないとフィルターが破けてしまうのでちょろちょろにしたほうが良いです。

6時間ほどまわすとすっかりキレイになりました。

cafefilter.jpg

で、あいかわらずくだらないことを思いついたのでメモ。

コーヒーフィルター濾過

底面濾過を経てから取り切れなかった細かい汚れをとるのには良いかな。
複数配置したのはコーヒーフィルターは濾過するのに時間がかかるため、普通の濾過器の勢いで水が送られるとオーバーフローしてしまうためです。

イーロカみたいなのを単体で使って低い水流で回しておくなら一つで間に合いそうです。
プロフィール

RYOZ

Author:RYOZ
物創りは好きですが難しい知識はありません。でもそれなりに幸せです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめリスト
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
17937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4044位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。